光つかまえて~雫と海と季節のフォトブログ~

写真を通してつかまえた光をお届けしていきます

真冬の森の宝石箱 その3 ~カラフル~

2月も立春を過ぎて1週間と過ぎれば、光の季節で見れば立冬の1週間前と同じ。つまり、日の長さも高さも、10月末とほぼ等しいことになります。 2月と10月では気温は違いすぎますが、光は同じ。光から先に春が訪れるというものです。週間予報だと来週半ばにま…

真冬の森の宝石箱 その2

2月に入ると比較的暖かい日も多くなり、「光の春」の訪れとともに気温の春も近づいていることが感じられます。 ですが今回も、厳寒の時期に出会えた宝物から。雫の煌きで宝石箱と化した森の様子をお届けします。 微妙に彩りの違う、オレンジ色の輝きたち。 …

真冬の森の宝石箱

例年より1日早い節分、そして立春を過ぎると、「光の春」。 まだ寒さは厳しくても、年末年始の頃に比べればいくぶん日も高く、長くなり、温度の春に先駆けて、いくらかは春の訪れを感じさせます。 1年で冬が最も苦手な私としては、12月上旬はまだ紅葉が見頃…

ふたつの宝石、魔法の瞬間

新年のご挨拶のあとでは、今年初めての記事になります。 この2つの煌きがさまざまな色の宝石となって贈る素敵なひとときをお楽しみください。 青緑がふたつ。 澄んだブルーの輝き。 大きく輝く、ふたつのオレンジ。 片方が青に。 入れ替わるように、オレンジ…

2020年を雫で振り返る

2020年も最後の日。 1年の締めくくりは、私の最もこだわりのテーマ、雫でいきましょう。 どれもかけがえのない瞬間ばかりなので、ただその美しさをご覧ください。 今年は雫撮影はいまひとつ機会に恵まれませんでした。フィールドはコロナ禍のただなかでも散…

初雪と雫

厳冬を予感させるこの冬は、雪もたびたび降りそうです。 私にとって雪の日の楽しみのひとつは、雪融けの雫でプリズムが撮れること。積雪の後で日が射してこそ撮れるものなので、雪が降ればいいというものではないのですが、先日の初雪の日も、平日ながら少し…

雫のイルミネーション2020

まだ街に山に所々に「秋」は残っていますが、週明けから全国的に冷え込むとの予報。私の住む京都でも雪が降るかもしれず、冬本番も近いようです。 クリスマスに向けて街のいたるところに色とりどりのイルミネーションが輝いていますが、こちらのブログでも、…

街をイルミネーションが飾る頃に

12月に入って最初の週末へ。 前回の記事でも語ったように日暮れが1年で最も早いこの季節は、私としてはそれだけで気分も沈む時期。 ともあれ街中ではクリスマスに向けて、ところどころにイルミネーションが飾られるようになってきました。 それに合わせて、…

仲良しの煌きたち~雫のプリズム~

先週末に出会えた雫のプリズム。 今回は、ふたつの煌きが奏でる、光の二重奏をお楽しみください。 まずは、オレンジと青から。 片方の輝きが小さくなりますが、もう一方が鮮やかな紫です。 そして右側の輝きが彩りを変えていきます。まず赤に。 オレンジを中…

晩秋の雫祭り

昨日が立冬。暦の上では、というか、光の季節で言えば冬に入ります。 私の住む京都で太陽の南中高度も40°を切り、日没時刻も4時台になっています。気温で言えばまだ秋、それも今日は小春日和の暖かい一日ですが、「光」でみれば2月初めと同じだつたりします…

深まる秋の陽射しに~雫のプリズム~

11月に入るぐらいから、春夏とは別の樹についた水滴に光が注ぎ、しばらく続いた雫撮影のシーズンオフも終わります。そうして3日、文化の日にいち早く撮れた雫の宝石、前回に続いてお届けします。 大小ふたつの雫が奏でる光のデュエットを、どうぞご覧くださ…

待ちに待った煌き~雫のプリズム~

こんな日を待っていました。久々の「雨上がりに晴れた朝」。 まだ一年を振り返るには早いですが、今年は雫撮影は目下のところ外れ年。長梅雨のあいだは晴れ間がほとんどなかったので雨は降っても光がなく、梅雨が明けてみれば今度はカンカン照りの毎日で雨ら…

秋のイルミネーション~雫のプリズム~

前回に引き続いて、先月半ばに見つけた雫の宝物。 街を飾る季節にはまだ早いですが、あまたの光が瞬いては色を変える、森のイルミネーションをご覧いただきましょう。 やはり青の光がひとつあるだけで清冽なイメージは際立ちます。 オレンジの光ふたつと、青…

秋のキラキラ~雫のプリズム~

今は、雫撮影ではシーズンオフ。雨上がりに晴れた日だったとしても、いつもの森でいい角度で陽射しが注ぐ樹がありません。 台風接近で雨の週末ですが、たとえ日曜日ぐらいに晴れ上がったとしても、チャンスとはならないようです。10月末ぐらいまでは撮れる樹…

温度の季節と光の季節~秋分を過ぎて~

今日は9月23日。例年なら秋分の日にあたりますが、今年の秋分は昨日だったので、平日になりました。 秋分の日と春分の日は、ともに昼夜の長さがほぼ同じ日。日の出入りもほぼ真東、真西になる日です。「温度の季節」で見た場合は大きく違いますが、「光の季…

雫の眩しさ色とりどり

今回は、まさに七変化ともいうべき、雫の煌きのめくるめく色変わりをお楽しみください。 真っ赤な輝き。光のスペクトルでは波長の一方の極なのでなかなかこの色が鮮やかに見られるのは珍しいところです。 オレンジ色では、眩しさがさらに増します。眩しく輝…

宝石の瞬間~雫のプリズム~

先週土曜日に見つけた宝物は、まだまだあります。 前回に続いて、こちらでみなさまとわかちあいましょう。 盛夏に比べればずいぶん低くなった陽射しは、一滴の雫と出会うとき、魔法をかけます。 ただこの瞬間だけ、透明な水滴が青の宝石になる。 次の瞬間に…

初秋、あるいは晩夏の珠玉~雫のプリズム~

先週の土曜日に、久々に出会えた雫の煌き。 この時期はいつも撮影している樹にちょうどいい角度で光が射すので、輝きも鮮烈になります。 ということでこのとき出会えた瞬間の宝物から。 まだ夏らしさの残る強い日差しで、水滴が宝珠に変わるひととき。 さま…

朝焼けの虹と雫と

長いこと雫撮影の機会がなかったので、過去の雫からの遊び企画を2回続けましたが、今日、本当に久しぶりに撮れました。 昨日は京都では8月の間ほとんどなかった夕立ち。まだまだ季節は気温も含め、初秋というより晩夏という気がします。 今日は晴れの予報。…

煌きの色で遊んでみる~雫のプリズム~ その2

前回に続いて、雫の煌きの色で遊んでみます。 赤・黄・緑と三つの色を、この順で縦に並べてみたい。 この三色でのコンボもいい感じです。まあ他でコンボしようとすると三つとも同じ色を並べるだけになってしまいますから。 もちろんこの三つを並べても何か歌…

煌きの色で遊んでみる~雫のプリズム~

今年の8月は、ついに一度も雫を撮る機会がありませんでした。 本来なら夏は、雫のプリズム撮影のベストシーズン。日が長く早朝にも撮影できるので、平日でもチャンスがある。雨もたびたび降り、前日に降っても湿度が高いので夜の間に乾くことがない。陽射し…

早朝の鮮烈~雫のプリズム~

朝の光に、つかのまだけ宝石に変じた水滴たちをご覧ください。 今回も、先日の早朝の雫撮影で見つけた輝きです。まずは鮮やかな赤のふたつの光から。さながら森のルビーです。 大小ふたつのキラキラは、赤からオレンジ色に。 そして、2つの緑へと変じます。…

光のデュエット~雫のプリズム~

今回は、2つの色鮮やかな輝きが奏でる、光の二重奏をお楽しみください。 前回の記事と同様の、早朝の雫撮影の折です。 ということで、まず黄緑とオレンジ。色的にもコントラストが鮮やかです。 青とオレンジ。互いに補色の関係にあるので、さらにコントラス…

早朝のカラフル~雫のプリズム~

夏の早朝の森は、まるで宝箱。 前々回の「蜘蛛の巣と雫」を撮った朝には、こんな光景にも出会えました。 エメラルドの輝きが、まだ涼しさの残る夏の早朝の森を飾ります。 夏の朝早くには、高いところにある枝に降り注ぐ朝の陽射しが、こんなふうにカラフルな…

蜘蛛の巣と雫

日の長い夏であれば、雨上がりの晴れた日であれば、平日でも早朝に雫の煌きを撮る時間があります。 以前の記事でも触れていましたが、ちょうど一週間前、先週水曜日にそのチャンスがありました。 この日は午前中は晴れ渡り、これで梅雨明けかと期待させた日…

まだ梅雨の晴れ間でも~雫のプリズム~ その2

前回に引き続き、先週土曜日の雫撮影から。 今回は「色の共演/競演」をお楽しみいただくとしましょう。 2つの黄色と、ちいさな青。 黄色と緑。 橙と黄色と、小さな青。 2つの緑に挟まれた小さな青。こうやって私の好きな青・緑系の色がひとつの画面でいくつ…

まだ梅雨の晴れ間でも~雫のプリズム~

梅雨明けはまだ先という予報で、週間予報でもしばらく曇り・雨の日が続くと出ていますが、それでも最近は青空の見える日も増えてきました。 私の住む京都でも今日も午前中は晴れで、昨夜の降雨の水滴が森に残っていたので、仕事に出る前の早朝には雫撮影もで…

つかの間の陽射しに~雫のプリズム~

ほとんど毎日が雨か曇り。 いくら梅雨とはいえ、6月後半からそうした日が続いており、青空が雲間から覗くことすら、珍しく思えるほどです。ここまで晴れのない梅雨時というのも近年では無かったように思います。 例年なら時折訪れる晴れ間に雫のプリズム撮影…

虹色の宝石~雫のプリズム~

昨晩から未明にかけてこちら京都では雨。 朝には上がっていて、前日には晴れの予報もあったので、あるいは今日は雫撮影のチャンスかも……と期待したのですが、午後までずっと雲が広がったまま、晴れてきたのは夕方になってからで、残念でした。 自然が恵んで…

雨上がりの森は星空のように~雫のプリズム~

先週土曜日、梅雨の晴れ間に訪れた雫の煌きとの出会い。 先の記事ではひとつの雫の眩しい七変化を取り上げましたが、今回は、星空のようなあまたの光をどうぞ。 小さな雫が田舎の夜空のように光を放つ中で、ひとつだけ大きく、また色鮮やかな輝きがあります…