光つかまえて~雫と海と季節のフォトブログ~

写真を通してつかまえた光をお届けしていきます

真夏の和深を振り返る

 2泊したこの夏の南紀の撮影の旅を振り返るシリーズも、これで最後になります。

 2日目の日置~すさみは真っ青な空という条件に恵まれ成果は十二分でしたが、晴れているということは真夏の日差しも厳しいということであり、この南紀でも珍しい猛暑ということもあって完全に疲弊。

 一夜明けても体力は回復しない……というより、もう一日炎天下で撮影を続けるには気力のほうが出ません。

 スケジュール上、その気なら昼過ぎまでは滞在できましたが、このまま帰路直行ということも考えました。2日間で撮るものは撮れて、これで満足はできますから。

 とはいえ引き続きの快晴で撮影条件はなお絶好、このまま後にするには惜しい気もします。

 ということで、少しはこの日も撮ろう……と決めました。

 とはいえ、長時間の撮影はもう体力・気力ともに無理なので、立ち寄っては撮る、という形。それ以外の時間は、あえて冷房の効いた電車内で乗って過ごすことにしました。

 まずは和深の海を撮り、その後見老津に引き返して、前日の撮影では漏れていた「松の下」を撮る。その後、紀伊浦神で初めて降りて撮影して、ここから帰路につく。

 こういう「行ったり来たり」のスケジュールです。

 もともと帰りは学生時代を思い出すように「青春18きっぷ」を使い、在来線のなかでゆっくりと写真を見て、整理しつつ帰る予定。帰りの交通費は変わらないということで、行ったり来たりのルートになります。

 まずは、夏の和深の海を撮りたい。

naosuke21036.hatenablog.com

 こちらでも紹介した、見老津駅と並ぶ紀勢本線の誇る絶景海駅。

f:id:naosuke21036:20201029122352j:plain

 初日にも、勝浦へ向かう電車の車窓からこんなふうになかなかのものが撮れましたが、改めて海岸まで降りたい。

 ということで、スマホで時刻表を確かめます。

 この日の宿をとった紀伊田辺から、

 発 6:39(始発) → 和深着 7:33

 ここから見老津駅に引き返して撮影したいスポットが残っていたので、

 和深発 8:22 → 見老津着 8:33

 という予定を組みます。

 つまり、まず折り返しの電車に乗る50分弱のインターバルのうちに、和深海岸まで往復しようというのです。

 しかも、駅からすぐ出られる海岸ではなく、和深漁港・エビス地磯まで出てみようという、ちょっと無茶な計画でした。

 片道1km程度。早足で歩けば片道12-3分として、撮影に使えるのは20分あるかどうかです。

 ということで、まずホームから、さっき乗ってきた電車とともに海を望む。ここでの定番ともいえるショットです。反対側の通過列車待ち合わせで4分間停車していました。

f:id:naosuke21036:20201029122341j:plain

 駅を後にします。

f:id:naosuke21036:20201029122330j:plain

  かつての木造の駅舎は老朽化のため取り壊され、代わりに建てられたのが駅舎とも言えないようなこんな味気のない建造物。それだけに、今にして思えば旧駅舎のうちに海を望んだショットを撮っておくべきだった、と後悔しています。

 ここから和深漁港のあたりまでは入り組んだ道を通る必要があり、あいにく一つのルートが落石で通行止め、貴重な数分をロスする結果になりました。

 ということで、ともかくも漁港まで到達。そこからエビス地磯に出ます。荒々しい岩棚が青い海に張り出しています。

f:id:naosuke21036:20201029121520j:plain

 岩棚の上に立つ鳥居と祠。地元の人から、ここは戎神社であることをお聞きしました。豊漁と安全を祈願して建てられたのでしょう。

f:id:naosuke21036:20201029121056j:plain

 ここの岩棚の海岸美もなかなかです。

f:id:naosuke21036:20201029121045j:plain 特徴としてはご覧のように、丸みを帯びていること。かつては波打ち際で、寄せ打つ波に削られたのでしょう。それが隆起して海上に出た結果、こういう形になっていると思います。

f:id:naosuke21036:20201029121127j:plain

 こちらの、すさみの「おおは」の岩棚では岩が直線的に割れていたり、ごつごつした面があったりして、あまり波に洗われて削られていないのと比べると、違いもわかります。

f:id:naosuke21036:20201022205535j:plain

 ということで、岩棚からすさみ方面を望みます。遠景に江須崎も展望できます。

f:id:naosuke21036:20201029121107j:plain

 朝8時過ぎでしたが、真夏のこの時期にはもう30℃は超しているようで、すでに日差しも厳しく照りつけるようになっています。

 ということで、ここで撮るものは撮れたので、すぐに撤収へ。10分あるかどうかの撮影時間でした。

 駅からほど近い海岸で。この時に次の電車まであと5分、海辺まで降りる時間はありません。

f:id:naosuke21036:20201029120959j:plain

 ホームに上がり、映画「たまご」を記念したモニュメントとともに撮る、定番の1枚。

f:id:naosuke21036:20201029120946j:plain

 こうして8時22分の電車で、見老津に向かいます。ここでの目的は、前日のすさみ撮影で見送った、松の下の海岸。

naosuke21036.hatenablog.com

 前日この辺りは通っているのですが、ここでも撮影する体力も気力もなく、見送っていました。見老津駅からほど近いので、この機会に青空の下で撮りたいところです。

 しかし、これもほんのわずかの時間。

 見老津駅着が8:33ですが、次に乗る上りの電車が8:55発。つまり、わずか20分強の間に往復して撮ってこようというのです。

 駅から海岸への降り口まで300mほど、そこからやや険しい斜面を降りて撮影スポットまで出るのもあわせて、片道7-8分。正味5分あるかどうかの撮影時間で撮るだけ撮って、速攻で引き上げようという強行スケジュールです。

 ということで、実行。

 やっぱり抜けるような青空、しかも完全順光の時間帯で撮れると、美しさは格別です。

f:id:naosuke21036:20201029120736j:plain

「松の下」という地名の由来かもしれない、松の木をいただいた巨岩も映えました。

f:id:naosuke21036:20201029120810j:plain

 これぐらい撮れれば十分な撮影成果ということで、本当に即座に後にします。

 次の電車には十分間に合ったことを確認した上で、駅前の国道から撮影した海。

f:id:naosuke21036:20201029120758j:plain

 この後に向かったのが、こちらの記事で紹介した紀伊浦神でした。

naosuke21036.hatenablog.com

 酷暑と闘いながらの撮影、成果は十分とはいえ帰りの電車内ではひたすら体を休めるばかり、撮った写真をゆっくりPCで見て編集・整理する……という気力も起こらないぐらいでした。

 帰った先の京都ではこれ以上の猛暑が待っていることを思うと(40℃行くかどうかというレベルでした)その意味でも憂鬱でしたが。

 というわけで、今回もご覧いただきありがとうございました。

真夏のすさみを振り返る その4

 真夏の南紀すさみの撮影記、さらに。

 恋人岬からおおはの海岸でもなかなかの風景が撮れましたが、ここでさらに足を延ばしてみたいのが、すぐ近くのスポット、立浦。

naosuke21036.hatenablog.com

 昼過ぎの時間帯はちょうど岩の尖塔がきれいに順光で撮れるタイミングだけに、外したくはないところです。

 とはいえ、炎天下の撮影を続けて体力はともすれば限界。加えて周参見駅で補充した飲み物もほぼ使い切っており、渇きも厳しく襲います。

 いったん見老津駅に行って自販機で飲料を買うことも考えましたが、その往復にも体力と時間を要することを考えて、あえてこのまま行くことに決定。

 しかし立浦に辿り着くにはさらに体力を要します。おおはの海岸から足場も定かでない岩場を400mほど歩くか、いったん国道に出てから、斜面の緩やかなところを降りるか。陽射しを遮るものの無い海岸を数百メートル歩くのはこの状況では考えられず、まだしも日陰を通れる後者のルートを採りました。

 ということで、暑さと渇きに苛まれつつも、海岸まで降り立ちました。

 やはり明るすぎる夏の青空の下、ここの海岸美は映えます。これを書いている10月末の今はすっかり秋も深まり、真昼でもずいぶん明るさが落ちているのと、対比的に思います。

f:id:naosuke21036:20201022205244j:plain

 波打ち際では、エメラルド色も鮮やか。この辺りは波に転がされて磨かれたため、丸みを帯びた石が散らばります。

f:id:naosuke21036:20201022205212j:plain

 そして、この海岸ではひときわ目を引く、私は「白の塔」と呼んでいる奇岩。夏の昼下がりの明るい順光だからこそ、その威容も際立ちます。

f:id:naosuke21036:20201022205231j:plain

 白の塔と対をなすかのような、黒の塔。

f:id:naosuke21036:20201022205155j:plain

 さらに近くから撮るには近くの岩場の斜面を登る必要がありましたが、この時間帯では逆光になる上、そもそもこの暑さの中で岩場を登る体力が残されていなかったので、ここまでで撤収しました。

 ともかくも、真夏の燦燦たる陽射しと青空の下で岩の尖塔を撮るという目的は果たしました。この光景を楽しめるのも実はこうして写真として眺めているからで、撮影のそのときは、炎暑のただなかで、とても絶景を堪能できるような状態ではなかったのです。

 こういうことにつけても、写真というものがあってよかった、と実感します。

 ここから残された力を振り絞って国道への斜面を登ると、あとは見老津駅へ。

 ここで駅カフェ・のんびり屋さんが開店していればゆっくりできたのですが、お盆休みでした。

 そのため冷房もかかっていない駅舎で、とりあえず日陰ではあるということで、しばらく休憩。ぐったりとなり、しばらく動くのも億劫。

 時刻は午後3時を回ったぐらいで、さらにこの機会に撮りたいスポットが残っているので、いくらか体力が回復したところで出発。江住方面に向かいます。

 駅を出発して間もなくの、戎島。さすがに3時を過ぎると夏でも日の傾きがはっきりしてきました。

f:id:naosuke21036:20201022205139j:plain

 日本童謡の園から望む江須崎。ここも素晴らしい絶景ですが、今回はあくまで通過点です。

f:id:naosuke21036:20201022205127j:plain

 江須崎を別角度から。こんなに海をエメラルド色で撮れたのも初めてかもしれません。

f:id:naosuke21036:20201022205114j:plain

 ということで、今回撮りに行きたかったのが、三崎というスポット。

 上の地図では、左端の江須崎とは反対側の、右端にある岬です(三崎という岬って駄洒落みたいですが)。この辺りは典型的なリアス海岸、行くたびに岬があります。

 2年前にも一度立ち寄ったことはありますが、その時は満足に撮れなかったので、青空のこの日にぜひカメラに収めておきたかったのです。

 江須崎から4kmほど離れており、その間にも御待崎やほり崎など、これまた捨てがたい絶景スポットもあるのですが、過去に寄ったことがあるということで、今回はスルーします。

 ということで、到着。左側に見えます。

f:id:naosuke21036:20201022205100j:plain

 島なのですが、干潮なら渡れるようです。ただこの時点で降り立って歩く体力など残っていないので、遠景からの撮影に徹します。島には弁天さまの社も建てられています。

f:id:naosuke21036:20201022205042j:plain

 さらにアップで。青空の下でここまで会心のショットに仕上げられたことで満足です。

f:id:naosuke21036:20201022205025j:plain

  ここを後にすること4時頃。日の長い夏なのでまだまだ夕方というより昼下がり、まだまだ撮ろうと思えば撮れたのですが、もう帰路を辿る以外の体力も気力も残っていません。レンタサイクルを走らせ、周参見駅までほぼ一直線です。

 まあ、それでも15km ほど走る必要があったのですが。電動アシストのバッテリーが切れる前に借りたサンセットすさみまで戻れて良かったです。

 ということで、撮影中はほとんど苦行のような一日でした。それを押して撮り続けたからこそ今こうやって最高の条件で撮れたすさみの海を改めて堪能できるので、それだけの価値はあったのですけど、撮っている最中のことは思い出したくないぐらいです。

 この日も連泊しているので、まだ続きはあるのですが、それはまた別の機会に。

 今回もご覧いただきありがとうございました。

真夏のすさみを振り返る その3

 照りつける日差しと暑さと闘いながら、真夏の青空の下での撮影はまだまだ続きます。

 振り返っても、これほどの澄み切った明るい青空の下ですさみの海を撮影できチャンスは、今までにも滅多になかったものでしたから。

 ということで道の駅・イノブータンランドを過ぎて、黒島トンネルを抜け、すさみでは何よりメインの撮影スポットに向かいます。

f:id:naosuke21036:20201022204810j:plain

 地図ではこちら。

 すさみを代表する景勝地・黒島を望む恋人岬です。

f:id:naosuke21036:20201022204756j:plain

 風がほとんど吹かず、海もすっかり凪いでいて、婦夫波になっていなかったのが残念。とはいえ波が立っていないために、海のエメラルド色がいっそう映えていて、別の魅力を堪能できたというところ。

 南向きなので、真昼に撮ろうとすると逆光になりやすいこのスポットですが、夏であれば太陽が真上に近いため、逆光になりません。空の青さも損なわれないまま、撮ることができました。

 そして一昨年に「発見」して以来、外せないスポットに加わった旧国道42号線に入ります。

naosuke21036.hatenablog.com

 次々に知られざる絶景スポットを見つけると、すさみの撮影フルコースは、メニューがどんどん増えてしまいます。炎天下で全部消化するのはかなり大変です。

 ということで、黒島の方向。ここから見ても、恋人岬に波が全然立っていないのがはっきりわかります。f:id:naosuke21036:20201022204845j:plain

 高浜海岸の方向。海沿いまで迫り出した険しい山と、千畳敷が望めます。このあたりは芝生になっていて、眺望も開けています。

f:id:naosuke21036:20201022204858j:plain

 そして眼下50mの断崖。陸と沖の両黒島を収めつつ、魚眼での撮影で迫力をさらに加えます。過去に撮った時と比べてもこちらからも海のエメラルドが鮮烈です。

f:id:naosuke21036:20201022204826j:plain

 ほど近いおおはの海岸でも撮りたいところですが、あまりの暑さに物陰で休みつつ少し躊躇。やや険しい斜面を伝って降り、岩が転がり不安定な足場を歩くのにはかなりの体力を消耗しそうです。しかも海岸では陽射しを遮るものが何もありません。

 とりあえず海岸への降り口からの眺望。夏にはこのように、夾竹桃の花が咲きます。

f:id:naosuke21036:20201022205728j:plain

もう十分撮ったとして、ここで切り上げるのも一つの手でした。でもここまで来たら撮れるものは全部撮らずに帰るのも惜しいですから、やっぱり海岸まで降ります。

 その途中での、黒島方向のショット。昼下がりで少し太陽が西に傾いてきたので、エメラルドの海に逆光のキラキラが散ります。

f:id:naosuke21036:20201022205629j:plain

 そして海岸まで降りて同じ方向を。

f:id:naosuke21036:20201022205600j:plain

 反対の見老津駅の方向。ここの岩棚の荒々しい自然の造形美は、いつ見ても壮観です。

f:id:naosuke21036:20201022205535j:plain

 岩棚の間の入り江。

f:id:naosuke21036:20201022205356j:plain

 順光なので、空も岩の造形もくっきりです。

f:id:naosuke21036:20201022205515j:plain

 岩棚の上から、改めて逆光方向。夏の昼の海だからこその、空の青さを損なわないままの海面のキラキラです。

f:id:naosuke21036:20201022205324j:plain

 岩棚の先端まで進むのは炎暑が許さず、ここまでとします。

f:id:naosuke21036:20201022205259j:plain

 設置されたロープを伝って道路まで上がります。暑さと歩き回った疲れででへとへと。

 しかもこの時点で飲み物をほとんど使い切っていて、渇きも襲います。

 でもこの近くでまだまだ撮りたいものはあって……ということで、それはまた次の記事で。

 今回もご覧いただきありがとうございました。

真夏のすさみを振り返る その2

 前回は夕焼け特集だったのでいったんお休みしていましたが、真夏のすさみの魅力をお伝えする記事を再開しましょう。

 午前中は日置方面で鳥毛洞窟まで足を延ばし、引き返してみるとほぼ正午。この地でもそうはないぐらいの炎暑にやられ、そのままの撮影継続は不可能無理というところで、周参見駅舎内でしばし休憩と軽食。

 ここで限界としてリタイアするか。真夏の蒼天という撮影条件としては最高のチャンスを逃さないためにも、午後も撮影を続けるか。

 当然というか、選んだのは後者でした。20分ほど休み、飲み物を補充して見老津方面へ出発。

 最初に海が開ける西浜のあたり。真上から注ぐに近い夏の陽射しを反射する海面です。

f:id:naosuke21036:20201022185817j:plain

 そして白島トンネルを抜けて、口和深へ。

f:id:naosuke21036:20201022185805j:plain

naosuke21036.hatenablog.com

 こちらの記事でも紹介した通り、エメラルドグリーンが映えます。

f:id:naosuke21036:20201022185753j:plain

 辿り着くまで長く歩く必要があり、着いてもひたすら炎天下の撮影あるのみになるということで、今回はフェニックスクリフは見送りました。

 代わりに、最近では定番の撮影スポットに加わっている、黒崎の海岸に降ります。

 その名の通りの黒く粗削りな岩場が、青空に映えます。

f:id:naosuke21036:20201022185129j:plain

 浅瀬の澄んだ水もこのスポットの魅力。

f:id:naosuke21036:20201022185116j:plain

 冬に来たときは「青水晶」とでも呼びたくなるような澄み渡りようでしたが、夏だとそこまではなりません。海中の栄養分の違いでしょうか。

f:id:naosuke21036:20201022185059j:plain

 浅瀬も真夏のエメラルド色のもう1枚。

f:id:naosuke21036:20201022185040j:plain

 入り江もこんな鮮やかなグリーンを見せていました。

f:id:naosuke21036:20201022185029j:plain

  黒崎を後にして、さらに見老津方面へ。名切崎を望みます。f:id:naosuke21036:20201022185013j:plain

 道の駅・イノブータンランドの辺りへ。

f:id:naosuke21036:20201022184949j:plain

 道の駅の前で。この辺りはどこで撮っても海のエメラルドが映えます。

f:id:naosuke21036:20201022184930j:plain

 炎暑の下では、午後の撮影も1時間足らずで体力を大きく消耗。日陰に入っては休みつつを繰り返しますが、この青空に合わせて撮りたいすさみは、まだまだあります。

 ということで、さらに続きます。

 それでは、今回もご覧いただきありがとうございました。

 

夕焼けには2つのステージがある~琵琶湖の夕景から~

 南紀すさみの振り返りをいったんお休みにして、夕景写真を撮るうえで大切なことの一つを、つい先日出会った夕焼けから語ることにします。

 この時期は仕事で琵琶湖方面に向かうことがたびたびあり、時間的にも夕焼けに立ち会うことは可能で、去年もこんな華麗な夕景をカメラに収められたことがありました。

naosuke21036.hatenablog.com

 時期的に秋の半ばから冬で、もう夕焼けのベストな季節(当ブログでは再三強調していますが、夏です。念のため)から離れてしばらくになるので、そう頻繁には出会えません。でも、その機会が月曜日に訪れました。

 夕暮れ時に西の空を眺めてみると、こんな感じでした。

f:id:naosuke21036:20201020195140j:plain

naosuke21036.hatenablog.com

 こちらの記事で書いた通り、日没の方向から光が射している、つまり地平線下の空は開けているということは、夕焼けが生じやすい条件を満たしています。

 ただ西空に広がる雲が染まりやすい上層雲(巻雲や巻積雲)ではなく、より低い空にかかる高積雲(羊雲)なのでどこまで染まるか、というところです。

 ともあれ、しばらくすれば、こんな感じに。次第に雲が照らされ、色づいてきます。

f:id:naosuke21036:20201020195127j:plain

 山の端に沈んだ夕日から放たれる赤い光が鮮烈です。

f:id:naosuke21036:20201020195114j:plain

 ズームでは、こうです。

f:id:naosuke21036:20201020195057j:plain

 構図上は本来なら夕日は「これまで通ってきた軌跡を空ける=右に寄せて配置する」のが私のセオリーで、これはその反対になります。でも「夕日に照らされる雲が右側にある」ものと解すれば、相応に意味のある構図になります。

f:id:naosuke21036:20201020195043j:plain

 こうして雲がオレンジ色に染まって、なかなか見ごたえのある夕景になりました。

f:id:naosuke21036:20201020195029j:plain

 そして、その色も引いていきます。

f:id:naosuke21036:20201020195011j:plain

 これで今日の夕焼けはおしまい。そう思って、この場を後にしたくなりそうです。

 でも、これから10分ほど後にこんな光景が出現することがわかっていれば、ここで撤収するのは賢明ではありません。

f:id:naosuke21036:20201020194958j:plain

 先の橙色の夕焼けとはまた違った、この真紅に染まる雲が、つかの間とはいえ見られたのです。

f:id:naosuke21036:20201020194926j:plain

  ポイントは、夕焼けには2つのステージがある、ということです。

 第1ステージは、沈んでいく夕日が、そのまま周りの雲を照らして染める夕焼けです。上の写真でも、山には隠れても太陽の光がそのまま射しているのが見えますから、まだ地平線下には没していません。

 第2ステージは、地平線下に沈んだ太陽が、上空の雲を照らし上げて染める夕焼けです。

 太陽が沈んでいけばいくほど赤以外の光が散乱されやすくなりますから、第2ステージのほうがより赤く染まります。第1ステージはまだ波長のより長い光も散乱されていないので、黄色・橙色寄りになるわけです。

 言い換えれば、真紅の夕焼けは、第2ステージでこそ見られます。こちらこそ本番といったほうがいいでしょう。

 そして大事なのは、この2つのステージは、まるで劇の幕間のように、間が開くということです。いったん色あせる時間がある。上の写真でもご覧いただいた通りです。

 なので、第1ステージが終わったところで、今日の夕焼けは終わったと勘違いしやすい。幕間の休憩時間を、終幕と思い込んで劇場を後にしてしまうようなものです。

 そうなれば、本当に美しい夕焼けを見逃すことになる。

 一度夕焼けの色が退いたかに見えても、それは第1ステージの終わりにすぎないかもしれません。第2ステージがあるかもしれないと予想して、今しばらく待ってみる。これが、美しい夕焼けを見逃さないために大切なのです。

 これが、ご訪問いただいたみなさまの夕景撮影に少しでも役立てばうれしいところです。

 では、今回もご覧いただきありがとうございました。

 

真夏のすさみを振り返る

 初日は紀伊田辺を起点として回った夏の南紀への旅でした。

 以前の記事でのこちらは、その後に訪れた勝浦からのものでした。
naosuke21036.hatenablog.com

 ですが、南紀への宿泊を伴う旅ともなれば、一日はすさみを入れたいのが私の譲れないこだわり。青空の日が続き、申し分のない撮影条件ともなればなおさらです。

 ということで紀伊勝浦駅から始発の電車で、すさみへ。この方面の紀勢本線の始発は7時台と遅く、周参見駅到着は9時前になりました。

 ここから、まずすさみ町をちょっと出て、お隣の白浜町に属する志原海岸で撮影したのが午前中で、この時の記事でとりあげました。

naosuke21036.hatenablog.com

naosuke21036.hatenablog.com

  ということで、まずは周参見駅から志原海岸までの途での撮影を。

 駅を出てまず見る海は、当然ながら海水浴場と稲積島。ご覧の通り、真っ青な空に、真夏らしいエメラルドグリーンが映えます。

f:id:naosuke21036:20201018165936j:plain

 写真には人を入れていませんが、まだ朝ながら、海水浴客の人出もありました。

 ここから42号線に沿って、西へ向かいます。

 オン崎を過ぎたところの湾。空には本当に雲一つありません。

f:id:naosuke21036:20201018165922j:plain

 ここから海岸道路を通って。海沿いまで険しい山が迫り出す、紀州らしい地形もよくわかるところです。

f:id:naosuke21036:20201018165903j:plain

 大海原の広がりが実感できるところまで出ました。

f:id:naosuke21036:20201018165845j:plain

 こちらの細長く突き出た岬が、小石の鼻。ちょうど白浜町との境ぐらいです。

f:id:naosuke21036:20201018165827j:plain

 そして、すさみ町を少し出た、安宅崎。明るすぎるほどの青空と草木の濃い緑が、エメラルドの海に加えて真夏らしさを引き立てています。

f:id:naosuke21036:20201018165810j:plain

 この後、鳥毛洞窟・志原千畳敷をめぐったわけです。

 そして、引き返した道でオン崎を望んで。ちょうど正午ごろです。

f:id:naosuke21036:20201018170003j:plain

 これほどの澄み切った青空のもとで真夏の海を撮れるとは最高に近い撮影条件で、これまですさみを訪れたなかでもベストから二番目ぐらいなのですが、その反面できびしい条件でもありました。

 恐ろしく暑い。

 お盆休みの、暑さのピークの時期だから当然といえば当然ですが、最高気温37℃ほどの日が、こちらすさみでも連日だったのです。

 例年なら、南紀すさみは、海沿いということもあって真夏でもここまで暑くはなりません。私の住む京都が夏の暑さがすさまじいのと比べても、訪れれば確実により涼しいと感じるものでした。

 でもこの時は、全国的な猛暑が南紀まで及び、陽射しが容赦なく照りつけました。何も陽射しを遮るものの無い海辺の岩場での撮影だけに、暑さとの戦いでとにかく体力は奪われていきます。

 午前中の撮影だけでもかなり暑さにやられ、いったん周参見駅舎内で休憩したものの、これで限界、リタイアしようか……とも考えました。

 しかし、こんな抜けるような青空の下で、エメラルドが美しいすさみの海を撮れるチャンスはそうあるものではありません。このまま棒に振るのは実に惜しい。

 進むか、退くか……私としては当然とも言えますが、前者を選びました。続きはまたの機会に。

 ということで、今回もご覧いただきありがとうございました。

紀伊田辺から南部へ

 前回記事に続いて、夏の南紀より。

 天神崎を後にして、南部方面に向かいます。途中からはずっと海沿いの道だったので、海を眺めながらのサイクリングです。地図はこちら。

:

 右下にある岬は「森の鼻」と呼ばれます。ここを過ぎると、いよいよ広がる青い海です。

 エメラルド色を帯びた海と、海岸植物が目を引きます。

f:id:naosuke21036:20201014192534j:plain

 岩礁が広がるところもあれば、

f:id:naosuke21036:20201014192503j:plain

  砂浜になっているところもあります。そして向こうに見えてきた島が、鹿島。島には鹿島明神という神社も建てられています。

f:id:naosuke21036:20201014192901j:plain

 島の真向かいから。岩礁があらわれる浅瀬なので、真夏の海のエメラルド色もいっそう鮮やかです。
f:id:naosuke21036:20201006193445j:plain

 南の島に行かずとも、日本の海でエメラルド色が見るには、真夏の、しかも浅瀬です。その条件については、こちらの記事も。

naosuke21036.hatenablog.com

 そして、南部の海岸まで出ました。以前に少しだけ立ち寄ったこともある海ですが、本格的に撮影するのはこの時が初めてです。

f:id:naosuke21036:20201006193431j:plain

 海岸道路を入れて撮るとこんな感じ。

f:id:naosuke21036:20201014192439j:plain

 さらに進んで、南部川の河口まで来ました。川なのか、海なのか、という境目です。

f:id:naosuke21036:20201006193419j:plain

 河口付近の中州から望むのは、目津崎。

f:id:naosuke21036:20201006193408j:plain

 こちらの青さも印象深いものでした。

f:id:naosuke21036:20201006193356j:plain

  ここからさらに岩代まで足を延ばすことも考えていたのですが、次の予定を優先して、引き返すことにしました。それ以上に、真夏の真昼時に雲もほとんどない青空の下で撮影を続けて、暑さに限界が近づいていたこともありましたが。

 ただ、帰ってからGoogle Map で見直すと向こうの目津崎もなかなかの絶景のようで、未訪であるだけに、ここまで進まなかったのは後悔でした。この方面での本格的な撮影が初の機会だっただけに、この地のことをよく知らないままだったようです。

 いずれさらに足を延ばしてみたいところです。

 というわけで、今回もご覧いただきありがとうございました。