光つかまえて~雫と海と季節のフォトブログ~

写真を通してつかまえた光をお届けしていきます

すさみ・オン崎とホテル・シーパレスの夢の跡  

 

 台風が過ぎて。

 私の愛するすさみ町もかなりの暴風雨に見舞われて海も荒れたようでしたが、SNSを通した現地の友人からの情報では、大きな被害はなく乗り切れたようです。

 ということで、久々にすさみのことで。まだあまり語ってなかったスポット、「オン崎」を紹介しましょう。

 ここを初めて訪れたのは3年前の晩夏。8月の初めには見老津地区を訪れ、最高の海と空の色に恵まれた撮影ができました。

f:id:naosuke21036:20191014191224j:plain

 でもお盆過ぎにもう一度すさみに行きたくなり、せっかくならまだ訪れていないスポットを……ということで起点を見老津駅でなく、周参見駅に選んだのがきっかけでした。その後何度も訪れています。

:t

 周参見駅から海に出るとまず出会う稲積島の北西側にある岬です。オン崎とカタカナで書きますが、もとは「御崎」でしょうか。南紀熊野ジオパークジオサイトの一つにも選ばれている場所です。

 こちらは山上の金毘羅宮からの眺望。右手の岬です。稲積島との位置関係もよくわかると思います。

f:id:naosuke21036:20191014190635j:plain

 防潮堤から稲積島越しに望むとこんな感じです。遠景の海岸ではなく、その手前の、上に白い建物が建つ岬です。

f:id:naosuke21036:20191014190917j:plain

 山上から眺めてもそうですが、こうやって遠くから眺めるとこの白い建物もすっかり風景に溶け込んでいる感がありますが、その実は……ということ。

  岬の上まで出て白い建物を望むとこう。

f:id:naosuke21036:20191014191319j:plain

 岬の突端に佇むこの建物、明らかにホテルです。この最高の立地から望むすさみの青い海は最高の絶景だろう……と言いたいところですが、それは過去の話。

 これはかつてすさみを訪れる人たちを迎え入れていたホテル・シーパレスすさみの夢の跡なのです。

 私はその方面のマニアではないので足を踏み入れてはいないのですが、2011年に閉鎖され、今ではすっかり廃墟となっています。「シーパレスすさみ 廃墟」で検索すると、その方面のマニアの方のお話もうかがえます。

 情報が削除されていないためか、「シーパレスすさみ」で検索すると、今でも一部の宿泊予約サイトにプランが出てくるのがいよいよ虚しさを感じさせます。

 たとえば、こう。

www.j-yado.com

 もちろん予約はできません。

 運営していた会社が倒産したらしく、再開発されそうな雰囲気も今のところありません。営業していたころは、枯木灘の海を見渡せる絶景ホテルだっただろうことを思います。

 閉館も私がすさみに魅せられるよりもずっと前のことだったと思うと、侘しい思いを禁じ得ません。

 地図を見る限りその場所には和歌山県漁連すさみ支部という表示があるのですが、今、その目的に使われているということでしょうか。今年もすでに6回すさみは訪れていますが、こちらオン崎にはまだ足を運んでいないので確かめていません。ちょっと気になるところです。

 ということで、最後に岬の上の木々の間から眺めた稲積島のショットを。

f:id:naosuke21036:20191014192557j:plain

 やはりこの岬は、絶景を望める場所です。

 では、今回もご覧いただきありがとうございました。

雨の後の輝き~雫のプリズム~

 猛威を振るった台風19号。読者の皆様がご無事でいらっしゃったことを願います。

 私の住む京都では大きな被害には至らず、雨は夜のうちに上がり、昼には青空が戻りました。

 嵐のあとの日射し、ということで、この一枚。

f:id:naosuke21036:20191013190316j:plain

 今日撮れたものではないのですが、雨が過ぎて日差しが戻れば、こんな輝きも見られる、というイメージということで、お届けします。

 それでは、今回もご覧いただきありがとうございました。

嵯峨野・落柿舎から青空を望む

 台風接近で大変なことになっています。こちら京都では直撃には至らないようですが、早朝から大雨。各地のみなさまのご無事を祈るばかりです。

 そんな日だからこそ、晴れた空を待ち望む思いで、ひとつの青空の映える場所を特集します。

 嵯峨野の落柿舎です。

 江戸時代の俳人で、松尾芭蕉の門人だった向井去来が営んだ庵です。芭蕉も何度か訪れ、「俳諧道場」としても世に知られるようになりました。

 ここは嵯峨野ではとりわけ青空が映える撮影スポットとして私も大好きで、たびたび足を運んでいます。

 先日、秋桜を撮りに行った日に足を延ばしての撮影から。

f:id:naosuke21036:20191012070821j:plain

 庵の前が開けているからこそ、遠景の山々も合わせて、青空のもとでの落柿舎が味わい深いのです。

 今年の4月、桜の季節を少し過ぎた頃に。新緑がみずみずしい。

f:id:naosuke21036:20191012075401j:plain

 別の年の5月の連休中に。

 

f:id:naosuke21036:20191012185303j:plain



 ずっと昔の学生時代にこの辺りを訪れたとき、庵の前は水田で、田植え前の時期にはレンゲソウが植えられていて美しい景観になっていたように記憶していますが(あるいは記憶違いかもしれませんが)、今は農地としては使われておらず、空き地になっています。

 こちらはある年の晩秋、紅葉の季節に。

f:id:naosuke21036:20191012070903j:plain

 すぐ近くから。
f:id:naosuke21036:20191012071010j:plain

 その名の通り、柿の木が植えられています。

f:id:naosuke21036:20191012071028j:plain

 今年もこんなふうに秋色に染まってきたときに、また訪れるつもりです。

f:id:naosuke21036:20191012071040j:plain

 それでは、今回もご覧いただきありがとうございました。


 

嵯峨野のコスモス2019、そして夕景

 過去の撮影から紹介した嵯峨野のコスモス。

 

naosuke21036.hatenablog.com

 先週の日曜は比較的天気に恵まれたので、この場所に足を運んでみました。

 やや見頃には早く、蕾もちらほらでしたが、でも十分絵になるほどに咲き誇っています。

f:id:naosuke21036:20191010184121j:plain

 遠景に田園と愛宕山をはじめとする山々を収めた絵にできるのが、この地のコスモス撮影の最大の魅力です。

f:id:naosuke21036:20191010184142j:plain

 田んぼの方に出てみるとほとんど稲は刈り入れられていましたが、まだ稲穂が残っているところを。

f:id:naosuke21036:20191010184204j:plain

 秋桜はいたるところに自生していました。風になびく様子をカメラに。

f:id:naosuke21036:20191010184254j:plain


 快晴でないのが残念か……と思っていましたが、こうして撮ると白い雲も秋空にいい感じに調和しているようです。

 その後いったん外しましたが、空模様を見て今日の空は焼けそうだ……と読み、再度こちらに。広沢池からの夕景を狙います。

 前にも触れましたが秋分の日に夕焼けを撮り損ねたことがいまだに尾を引いています。

 

naosuke21036.hatenablog.com

その悔しさもありました。こちらでもっと普段から撮影されている方々に、この日撮影した夕焼けを見せていただきました。

  まず日没直後、キバナコスモス越しに。

f:id:naosuke21036:20191010184403j:plain

 そして西の空も焼けてきました。

f:id:naosuke21036:20191010190218j:plain

 夏はすっかり遠くなったのにこの日の夕焼けはまだ全方位に近く、東空の雲も染まっていました。

f:id:naosuke21036:20191010190404j:plain

 季節が進むと日の沈む位置もどんどん南寄りになり、それだけ焼ける空も南に移動してきます。

f:id:naosuke21036:20191010190304j:plain


 ここ広沢池は池の北側には回れないので、これは岸から身を乗り出すように撮ったものです。もう少し東寄りの空まで収めたかったのですが、これが限界でした。秋も深まると、しだいにこのスポットでも夕焼けが撮影しにくくなってくる気がします。やはり広沢池の夕景撮影のベストシーズンは初秋までです。

 最後にもう一枚。

f:id:naosuke21036:20191010190440j:plain

 それでは、今回もご覧いただきありがとうございました。

鴨川暮色

 今日はこちら。

f:id:naosuke21036:20191008194014j:plain

 京都は鴨川、出町柳で望んだ夕焼けです。

 季節的にちょうど川越しの空が焼ける時期です。道行く人にもある人はスマホを、ある人はコンデジを手にして、この華麗な空を記憶だけにとどめずにおこうとする姿を見かけるところでした。

 初めはこう。

f:id:naosuke21036:20191008194423j:plain

 そして色づいて。

f:id:naosuke21036:20191008194555j:plain

 賀茂大橋の上で。

f:id:naosuke21036:20191008194650j:plain

  夕焼けは、本当に思いがけず現れます。

 先の記事でも紹介しましたが、京都では鴨川は、街中で夕景を撮るにはいちばんの場所です。

naosuke21036.hatenablog.com

 それでは、今回もご覧いただきありがとうございました。

秋の日射しに彩りを変えて~雫のプリズム~ 続

 当ブログで読者登録してくださっている方の人数が、これで200人を超えました。皆様に心より感謝を申し上げます。本当にありがとうございます。

 本日も昨日に続き、同じ雫のまた違った色あいをお目にかけましょう。

f:id:naosuke21036:20191006191930j:plain

 同じ雫ですが、昨日が赤、黄色といった暖色の光だったのに対して、こちらは

寒色系です。

 緑と紫と。
f:id:naosuke21036:20191006191906j:plain

 そして紫に近づいていきます。

f:id:naosuke21036:20191006191854j:plain

f:id:naosuke21036:20191006192246j:plain

 より広角寄りにしてみると。あまたの小さな煌きのなかで、ひときわ光彩を放つ宝石が一つ、少し小さな光が右下にもう一つ。

f:id:naosuke21036:20191006192503j:plain

f:id:naosuke21036:20191006192513j:plain

f:id:naosuke21036:20191006192537j:plain

f:id:naosuke21036:20191006192610j:plain

 すべて、同じ雫の表情です。

 この瞬間が宝物。

 では、今回もご覧いただきありがとうございました。

秋の日射しに彩りを変えて~雫のプリズム~

 今日はこちらの輝きを。透明な雫が赤い宝石に変わります。

f:id:naosuke21036:20191005190004j:plain

f:id:naosuke21036:20191005190020j:plain

 同じひとつぶの水滴で、赤といっても一つひとつの瞬間の色あいはこれまち違います。

f:id:naosuke21036:20191005190034j:plain

f:id:naosuke21036:20191005190102j:plain

 そしてこのように彩りを変えて。

f:id:naosuke21036:20191005190118j:plain

 瞬間の中だけにしかない宝物だから、こうして写真を通して分かち合いたいと思います。

 それでは、今回もご覧いただきありがとうございました。