光つかまえて~雫と海と季節のフォトブログ~

写真を通してつかまえた光をお届けしていきます

やっと会えたねレンジャクたち

 すさみ八景プラス八景の次の記事を一回お休みして、昨日のことから。

 この冬はじめて会えたレンジャクたちです。

 今年はレンジャクの当たり年だという情報はたびたびウェブ上でも聞いています。各地で出会った、撮影できた、という話も何度も耳にしました。私の住む京都でも出現情報があります。

 でも私自身が一度も出会えていないことで、「当たり年」の話もむしろ残念に思えさえするところでした。そんな折、昨日ようやく出会えました。

f:id:naosuke21036:20200225190857j:plain

 レンジャク類ほど出会いが偶然に左右される鳥もそうはいません。他の鳥であればだいたい生息地が定まっていて、この時期にこの場所に行けば出会える。そんな見込みを立てられます。

 でもレンジャク類は一所にとどまりません。集団で現れ、その場にある餌の木の実を食べ尽くしたら、すぐに他所へ移動してしまいます。たとえ出現情報を耳にしても、その場所に行ってみたらもうどこかへ去っていることも多々です。「狙って会いに行く」ことがとにかく困難なのです。

 わが家からほど近いところに、レンジャク類の好む木の実が豊富なスポットがあり、過去に何度か現れたことがあるのは知っています。過去にはこんな大群のこともありました。

f:id:naosuke21036:20200225190930j:plain

f:id:naosuke21036:20200225190940j:plain


 冬には時々足を運びはするものの、だからといってそこに出会えるわけではなく、また行ってみたらすでに来て去ったらしく、実が食べ尽くされていたこともありました。

 ですが昨日、久々に見かけました。総勢最大で10羽と、この鳥にしては小群でしたが、この通り電柱の上に。

f:id:naosuke21036:20200225190710j:plain

 ヒレンジャクキレンジャクもいます。同じレンジャク類であれば種が違っても仲良しのようで、混群となっていました。

 こちらがヒレンジャク

f:id:naosuke21036:20200225190736j:plain

 こちらはキレンジャク。抜けるような青い空が背景です。

f:id:naosuke21036:20200225190750j:plain

 キレンジャク2羽。

f:id:naosuke21036:20200225190810j:plain

 どちらも、きりりとした冠羽と黒のアイラインが恰好いいフォルムに赤や黄色がおしゃれな配色と、実に美しい鳥です。強面に見えて、カワラヒワに似た甘い鳴き声も魅力です。

 地上に降りた姿も撮りたかったのですが、そのチャンスはほとんど得られませんでした。

 実は辺りは住宅地。変にカメラを構えて長居すると、別の目的と間違われて怪しまれかねませんから。

 ともあれ、出会いに感謝です。

 ことのついでに、カワアイサ

f:id:naosuke21036:20200225191052j:plain

f:id:naosuke21036:20200225191101j:plain

 白梅にメジロです。

f:id:naosuke21036:20200225191110j:plain

 それでは、今回もご覧いただきありがとうございました。


すさみ八景プラス八景 その1 フェニックスの褶曲

 地元で公式に選ばれた「すさみ八景」では足りない、「絶景を見つけられる土地」すさみの隠れた名所を紹介していく「すさみ八景プラス八景」企画。

 まずは予告通り、フェニックスの褶曲(フェニックスクリフ)からです。

 すでに何度か過去記事で取り上げてはいますが、「プラス八景」のひとつとして、このスポットの魅力をいろいろとみていくことにしましょう。

 硬いはずの地層が、さながらロールケーキのようにぐにゃりと曲がった奇観。一度訪れてその目で見れば、十分すぎるインパクトを受けること間違いなしです。

f:id:naosuke21036:20200223185851j:plain

 地質学で言う「褶曲」です。単にたわんだり曲線を描いたりするどころか、「つ」の字型にぐにゃりと曲がっている。ここまで見事なものは世界的にも珍しいとのことです。学術的価値も高く、また中学・高校の地学の教科書にもしばしば登場しています。もしかすると、「教科書で見たことある!」という反応もあるかもしれません。

 南紀熊野ジオパークジオサイトの一つとなっています。

 さらに近づいてアップしてみるとこんな感じ。

f:id:naosuke21036:20200223190100j:plain

 こんなふうにS字に曲がった部分もあります。

f:id:naosuke21036:20200223190109j:plain

 この地域に形成された地層が十分に固まる前に地殻変動によって陸地に圧しつけられた結果としてこんな風に曲がったとのことで、2000万年~4000万年前という人間のスケールをはるかに超えた時代に出来上がったとのこと。人間の目にはただ硬い岩としか思えないものも悠久の年月を経ればこんなふうに曲がることもある。自然の営みの不思議さをまざまざと実感させられるところです。

 少し離れて、海に向かって突き出した岩棚から広角に撮ってみます。

f:id:naosuke21036:20200223190759j:plain

 手前のエビ反りのような岩も、褶曲の一部。周りの地層が浸食されて、ひとつの曲がった層だけが残ったものです。

 角度を変えるとこんな風にも見えます。

f:id:naosuke21036:20200223191021j:plain

 もう一枚広角撮影から。

f:id:naosuke21036:20200223191203j:plain

 ご覧の通り、よく見るといろんな箇所の岩が大なり小なり曲がって丸みを帯びていることがわかります。曲がり方がいろいろなのも、それだけ地殻変動が複雑だったということでしょう。

 海岸をさらに奥に行ったところから撮影。重なった地層が剥き出しになり、さながら岩の砦のような荒々しい景観を見せています。

f:id:naosuke21036:20200223191518j:plain

 こんなふうに積み重なった地層のうちで地殻変動の作用を受けた部分が、ぐにゃりと曲がっているというわけです。

 この一帯は、褶曲ばかりでなく、荒々しい海岸美それ自体も十分に魅力です。

f:id:naosuke21036:20200223191803j:plain

 海辺まで迫り出した峻厳な岸壁と、その上に生い茂る常緑の樹々。

f:id:naosuke21036:20200223191828j:plain

 海が荒れ気味の時に撮ったものから。

f:id:naosuke21036:20200223192004j:plain

 海が荒れて海岸の岩場まで降りられなかったのですが、この荒海の景観も十二分に魅力的です。

f:id:naosuke21036:20200223192021j:plain

 崖の上から、先の岩場を見下ろしての撮影です。

f:id:naosuke21036:20200223192036j:plain

 一度足を運んでその目でご覧になっていただきたいすさみの絶景スポット、「プラス八景」の筆頭ということもおわかりいただけたかと思います。
 ということでアクセスについて。 

 地図はこちら。

 車なら近くに停められるスペースがあります。電車の場合は周参見見老津両駅の中間ほどにあり、どちらからも5kmほど離れているので、いずれかの駅でレンタサイクルを借りてのアクセスがおすすめです。

 現地には案内板などはなく、入り口はわかりにくいですが、「フェニックスクリフ」「フェニックスの褶曲」で検索すれば訪問記録の記事などがあるので、そちらを参照して頂ければと思います。

 ごめんなさい、私自身が入り口や経路の写真を全然撮っていないもので。こと撮影に関して「結果が全て、過程は撮らない」のは私の悪い癖なのかもしれません。

 なお、褶曲を見渡せる岩場へは、満潮の時には渡れません。潮位表をチェックして、干潮の時刻を狙う必要があります。

www.data.jma.go.jp

 最寄りの白浜か串本を目安にすれば大丈夫です。

 そもそも、なぜここが公式「すさみ八景」の一角を占めていないのか不思議なほどです。おそらく観光地として現時点で未整備なのが一因でしょう。海岸に降りるまで険しい道もあり、降りても岩場で下手をすれば危険を伴うところもあるので、不用意に案内を出して事故が起きれば管理責任が問われかねない、という話もお聞きしました。

 観光地としての整備計画はあるようですが、いつ実現するかは未定のようです。

 立ち入り自体は可能なので、この記事を読んで訪れてみようと思い立った方は、くれぐれも自己責任でお願いします。

 ということで、今回もご覧いただきありがとうございました。

企画「すさみ八景プラス八景」

 このブログでもとにかく推している、海に山に絶景にあふれた南紀・すさみ町。

 白浜の三段壁や串本の橋杭岩ほどの壮大な景観はないものの、それぞれ個性を放つ見どころは、いたるところにあります。

 そのなかで代表的なスポットとして地元の人たちが、8つを選んでいます。これが「すさみ八景」です。

 以前からありましたが、近年選びなおされて、再編されています。こちらのページにその一覧があります。

 

susami-shokokai.com

 ちなみに、こちらのページでも一部は私が撮影した写真を使っていただいています。

 

 実は私の撮影旅行もほとんどが「海のすさみ」に集中していて、「山のすさみ」にはめったにアクセスしてこなかったこともあって、私の手で撮影できていないスポットもあったりします。でも、訪れた場所については私の撮影した写真も載せましょう。

 

稲積島

f:id:naosuke21036:20200221073426j:plain
f:id:naosuke21036:20200221073541j:plain

上ミ山古墳からの展望

こちらは「オン崎」の眺めとだいたい同じなので、そちらの写真を貼ります。

f:id:naosuke21036:20191016065807j:plain
f:id:naosuke21036:20191014192557j:plain

見老津駅からの夕日

f:id:naosuke21036:20200221074407j:plain
f:id:naosuke21036:20200221074449j:plain

恋人岬

f:id:naosuke21036:20200221073937j:plain
f:id:naosuke21036:20200221074204j:plain

日本童謡の園からの眺望

f:id:naosuke21036:20200221073400j:plain
f:id:naosuke21036:20200221073414j:plain

江須崎島

f:id:naosuke21036:20200221073807j:plain
f:id:naosuke21036:20200221073845j:plain

広瀬渓谷・琴の滝

雫の滝

  こちら二つは山の方で、未訪問です。

 

 いずれもここすさみ町が誇る絶景スポットであって、一度足を運んでみれば、その光景に目をみはることになるのは間違いないと思います。

 でも、すさみの絶景はこの8つだけではない。まだまだいくらでも絶景が見つけられる。

 いや、訪れてみれば、まだまだたくさんの絶景を見つけられる。ガイドブックや地元の観光案内にすら載っていなくても、素晴らしい景観はいろんなところにあふれている。

 そういう、「私だけの絶景」を探せることこそ、このすさみの魅力ではないか、とも思えてきます。

何より私自身がそうやって、このすさみで、ここでしか撮れない、そして今のところはほとんど私だけの、絶景スポットを見つけてきましたから。

 

 ということで、これからしばらく、「すさみ八景プラス八景」という企画を当ブログでは進めていきます。

 地元の人たちが選んだ「すさみ八景」に、私が見いだした絶景をさらに八つ加えよう、ということです。

 当然のことながら非公式で、全部私が選んで決めたものです。でも、京都という都市部に住みながらこのすさみに魅せられた「関係人口」のひとりとして、その立場だからこそ紹介して伝えていきたいかさみの魅力というのもきっとあるはずです。ということで勝手に決めたことは、地元の人にもお許しいただけるのではないかと思います。

 本当はプラスするのは「八景」ではとても足りないのですが、公式「すさみ八景」と数は揃えた方が見映えもいいので、あえて八つに絞ります。

 ネタバレを避けるために「一覧」は全部紹介してからにしますが、今回に限り予告編。

 むしろ「八景」に入っていないのが不思議なぐらいの自然の造形美・フェニックスの褶曲(フェニックスクリフ)です。

f:id:naosuke21036:20200221192748j:plain

 では、今回もご覧いただきありがとうございました。

鳥と夕景 その6

 過去に撮影したものから、ユリカモメのいる鴨川の一景。

 冬の夕暮れ時、茜色に染まる水面の上です。

f:id:naosuke21036:20200217075930j:plain

 日が暮れつつあり、琵琶湖に帰るかと思えば、川に戻ってきたので見られた光景です。

f:id:naosuke21036:20200217075916j:plain

 こうして、それぞれに着水していきます。カモたちも混じっています。

f:id:naosuke21036:20200217075902j:plain

 茜色の水面と、シルエットに近づいていく鳥たちとの対比です。

f:id:naosuke21036:20200217075846j:plain

 以前の都市には、鴨川に群れなすユリカモメたちが時々日が暮れても琵琶湖に帰らず、鴨川で夜を過ごす生態が見られることがありました。そんな日には時として見られたものです。

 今年はこのように見られることはありませんでしたが。

 ということで、今回もご覧いただきありがとうございました。

 

煌きを変えていく二つの雫

 この二つの雫の色の変化をご覧ください。すべて、同じ水滴です。

 まずは青と橙から。

f:id:naosuke21036:20200218114011j:plain

 ここから、下の雫の色が変わり

f:id:naosuke21036:20200218113954j:plain

 今度は上の雫の方が色を変え

f:id:naosuke21036:20200218113935j:plain

 青と緑。

f:id:naosuke21036:20200218113914j:plain

 二つの色調の違う青。

f:id:naosuke21036:20200218113855j:plain

 二つの橙。これもまた微妙に色調が違います。

f:id:naosuke21036:20200218113835j:plain

 二つの青緑。

f:id:naosuke21036:20200218113817j:plain

 こんなふうに、デュエットを奏でるように彩りを変えていきました。

 透明な水滴なのに、こんな色鮮やかな表情を瞬間ごとに見せてくれます。

 では、今回もご覧いただきありがとうございました。

紀勢本線 田子駅から出て望む海

 今回は南紀の海のスポットを紹介します。

 紀勢本線の海駅として、当ブログでたびたび取り上げてきた見老津駅和深駅。

naosuke21036.hatenablog.com

 和深駅からもう一区間上り方向(串本方面)に行くとあるのが、今回の田子駅です。

 ご覧の通り、見老津駅付近から続く、紀勢本線がずっと海沿いを走る区間にあります。駅そのものは海に面しておらず、直接には海が見えないので「海駅」にはあたりません。けれども海岸からほど近い場所に位置しているので、降りて国道42号線に出れば、すぐに枯木灘の青い海を望むことができます。

 こんな感じです。3年前の暮れに訪れた折の撮影で、冬の朝、海は深い青の色合いを見せています。

f:id:naosuke21036:20200216080304j:plain

 この辺りの海は岩礁が広がっています。海岸に降り立ってみるとこんな感じです。

f:id:naosuke21036:20200216080316j:plain

 駅からすぐ出たところにある海辺では見老津のような目立った奇岩はなく、潮が満ちればこの岩礁はおおむね水没しそうです。

 その前の夏にも訪れたことがあるので、こちらも。

f:id:naosuke21036:20200216072832j:plain

 

 この岩礁の広がりも、なかなか味わいがあります。

f:id:naosuke21036:20200216072808j:plain

 夏の晴れた日でしたが、これでも青空の色は今一つだったという気がします。

f:id:naosuke21036:20200216072823j:plain

 この後すさみへと足を運び、見老津でも撮影していますが、こんな感じでした。

f:id:naosuke21036:20200216072751j:plain

 その翌年に訪れたときの空と海の色を比較してみると、晴れた空でも青の色合いが違う、ということもわかると思います。

f:id:naosuke21036:20200216202839j:plain

 青空でも空の澄み具合はかなり違います。この時期から、すさみの海は最高の青空のもとで!とこだわるようになりました。

 まあこの時でも、海の色は文句なしに素晴らしかったんですが。

f:id:naosuke21036:20200216072759j:plain

 というわけで、今回もご覧いただきありがとうございました。

雪融けの森の宝石箱~雫のプリズム~

 先週末、この冬の遅すぎる初積雪の日。

 束の間に射した光のなかで見つけ出した宝は前回の記事ではまだ紹介し足りませんでしたので、ここで改めて分かち合いたいと思います。

  何より、輝きの色が変わっていく奇跡の瞬間をごらんください。

f:id:naosuke21036:20200215191738j:plain

f:id:naosuke21036:20200215191720j:plain

f:id:naosuke21036:20200215191707j:plain

f:id:naosuke21036:20200215191653j:plain

f:id:naosuke21036:20200215191640j:plain

f:id:naosuke21036:20200215191624j:plain

f:id:naosuke21036:20200215191611j:plain

f:id:naosuke21036:20200215191556j:plain

 すべて、同じ雪融けの雫が見せる輝きです。ほどなく太陽は雲に隠れたので、魔法の瞬間は本当に束の間でした。

 だからこそ、写真の中にとどめて、こうしてみなさまとも分かち合えるようにできて良かったところです。

 というわけで、今回もご覧いただきありがとうございました。