光つかまえて~雫と海と季節のフォトブログ~

写真を通してつかまえた光をお届けしていきます

朝景

2020年を朝焼けで振り返る

冬至を過ぎ、2020年も残すところ10日を切りました。ここからは本年の総集編といきましょう。まずは、朝焼けからです。 こちらはまだ冬の2月。寒い中での撮影でした。染まるのも南寄りです。 以前は窓から空を見て、焼けていたら撮る、というだけでした。それ…

黄金色の渚に~蒲郡の海から~

今月に入って2度も恵まれた雫撮影の機会、わかちあいたい宝物はまだまだありますが、今回はひとまず小休止。その前の記事でも触れた、私の海の原体験の地・蒲郡より。 naosuke21036.hatenablog.com その折にも触れた、数年前に出張で訪れた日のことです。 幼…

朝焼けの虹と雫と

長いこと雫撮影の機会がなかったので、過去の雫からの遊び企画を2回続けましたが、今日、本当に久しぶりに撮れました。 昨日は京都では8月の間ほとんどなかった夕立ち。まだまだ季節は気温も含め、初秋というより晩夏という気がします。 今日は晴れの予報。…

夏はあけぼの~夏は朝焼けの季節でもある~

長い梅雨が明けて真夏に入ってから、朝焼けもたびたび見られるようになりました。 今朝早く、東の空を見渡すと。すでに色づき始めていました。4時50分ごろです。 そして華麗に燃え上がりました。 空一面に雲が広がっていたので、全方位、360°の空が焼ける壮…

The early bird watches the morning glow.

夕焼けが美しい季節は、朝焼けも美しい。 それはほかならぬ、今の時期です。夕焼けも朝焼けも原理は同じ。湿度が高い、つまり「大気中の水分が多い」。それが波長の短い光を散乱させ、赤い光だけを届かせる。そうして空を赤く染める条件が整っているので、当…

令和最初の初日の出~京都嵯峨・広沢池にて~

新年明けましておめでとうございます。 令和最初のお正月。初日の出の写真をお届けします。 場所は以前の記事で紹介した、京都は嵯峨・広沢池の辺りです。 naosuke21036.hatenablog.com 予報ではYahooだと曇り寄り、tenki.jpだと晴れ寄りの予報と微妙でした…

南紀串本 橋杭岩の朝日

引き続き、南紀串本・橋杭岩から。 京都でも東部に在住している私にとって、朝焼けはまだしも、「朝日」は普段は撮影テーマになりません。間近まで迫り出した東山のために、朝日が顔を出すのは日の出からかなり後になるからです。 それだけに、旅先というの…

全方位の朝焼け

おはようございます。 今朝はリアルタイムで、私の住む京都よりつい先ほど見られた華麗な朝焼けをお届けします。 東の、比叡山の方向です。 南もこんなふうに染まっています。 西の方角でもご覧の通り。 南東の方角で。 撮影場所の関係で北の方向は撮れない…

朝焼けから夕焼けまで~京の初秋の一日~

昨日に続いて「初秋の雫」を過去の撮影から紹介する予定でしたが、リアルタイムで分かちあいたいものがあったので、そちらを先にします。 今朝目覚めてみると、朝にもかかわらず、西の空が夕焼けのように染まっていました。 外に出て撮影できる場所に移動し…